MFMS_UST_500x81.jpg

道徳ドキュメント「ちがうことをふつうに」


2012年01月31日

その価値観は絶対ですか。

私の顔の右半分には赤いアザがあります。

最近気が付いたこと。
顔のことで傷付かなくなっている自分がいた。
気がついたらそうなっていたので、なぜそうなったかも考えなかった。
長い間、漠然と、心穏やかな、平静な毎日を送っていた。
それが何故だったかが判った。

自分の価値観が昔と変わっていた。
アザのことで言葉や視線に傷ついていたあの頃の自分は、
世間の価値観と同じ価値観を持っていた。

だからアザをバカにされると心が傷ついていた。
蔑む目でアザを凝視されると心が波立った。
何故なら自分もその価値観で人を見ていたから。
その価値観で自分自身を見ていたから。

不幸感覚でいっぱいだった。
なぜ自分がこんな目に遭わなければならないかと天を恨んだ。

私の顔を、醜い価値の低いものとして見ている他所の人と、
私自身が、実は同じ価値観を持っていた。
見た目が人の価値を決めるという間違った価値観を、私自身も持っていた。
だから他人に顔のことをバカされると、言葉の矢が心に刺さって抜けなかった。
自分自身が同じ価値観のもとに生きていたから。

見た目で人の価値を決めようとする価値観が間違っていると気が付いて、
それを腑に落とすことができたとき、私は顔のアザで傷つくことはなくなっていた。

人と接するときに、もはやその人の姿形はどうでもよいものになった。
人の価値は、その人が今何を思い、何の為に生き、何を理想とし、
そして、人を恨んで生きるのか、人を愛して生きるのか、
そういったことが、実はその人の本当の姿であると。

最近気が付いた。
だから顔のことで傷付かなくなっている自分がいたのだと。

ここまで私を導いてくれた縁ある皆様に感謝します。




posted by _tomohiro_ at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 痣・血管腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感動しました!
自分の置かれた状況にあくせくしていたところから
精神的に脱皮して、命の尊さ、生きることの喜び
素晴らしさの本質を、ますます研ぎ澄まされた感性で
掴みとり、他の人に愛を流して力強く生き抜いてください。
Posted by 福貴田 敬子 at 2012年02月01日 21:47
福貴田さま
コメントをありがとうございます
たいしたことはできませんが、本来当たり前のことを当たり前のこととして感じて生きていたいですね。
ありがとうございます。
Posted by ナカタニ at 2012年02月01日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。